白髪は食べ物の改善も効果あり!積極的に食べると治る食材とは?

白髪が増えてくるとどうにか隠したいと色々な事を試してみるという人も多いですよね。

 

特に、髪の毛をまとめてしまうと目立たなくなるからと言ってまとめる事がクセになってしまうと、いつのまにか増えていた…何て事も。

 

そうならないためにも、白髪を発見したら、原因を知った上で治るように対策をとって行く事が大切です。

 

 

白髪を招く原因は食生活も影響?

 

 

白髪の治る食事例

 

 

白髪を招く理由として考えられるのがストレスを第一に上がる事がありますが、実際にはストレスが発端となって自律神経が乱れる事により、食欲不振や睡眠不足、喫煙や飲酒あなど様々な生活習慣の乱れから来ているとも言われています。

 

日頃からストレスを溜めないように、上手に発散しておくことも白髪を治すのに大切ですが、中々そうはいかないのが現代人ですよね。

 

その中でも、意識してできるのが食生活や生活習慣を見直すという事です。特に食生活で意識して摂っていきたいのがタンパク質(アミノ酸)です。

 

そもそも、髪の毛は皮膚や爪と同じ成分からできています。白髪が増えてくると、皮膚のトラブルや爪が欠けやすいなどのトラブルを同時に抱えている事も多いと思います。そう考えても、食生活の見直しで積極的にタンパク質を摂取して行く事が大切です。

 

 

なぜタンパク質が不足するのか

 

白髪に驚く女性

 

 

日頃の食生活の中でタンパク質をしっかり摂っているのに白髪があるという人もいますよね。

 

実は、白髪が治る食べ物を積極的に摂取していても、タンパク質を多く失ってしまう生活をしている事もあります。

 

ストレスが原因で増えてしまう傾向がある、喫煙や飲酒。実はこれが、タンパク質を摂っていても白髪が増えてしまう事につながっています。

 

髪の毛を作り出す成分はタンパク質から作り出されるケラチンが元になっています。このケラチンは、体の中で一度アミノ酸に分解されて再合成する事でケラチンが産まれます。そのため、ケラチン自体は体の外から摂取する事はできない成分となっています。

 

そのケラチンの成分となっているシスチンを大量に使ってしまう生活習慣が喫煙やアルコールなのです。お酒やタバコを吸う習慣がある人は白髪も増えやすくなっているため注意が必要です。

 

 

白髪が治る食べ物とは

 

髪の健康に良いと言われる黒ゴマ

 

実際に白髪が治る食べ物として推奨されているのが、黒ゴマやアーモンド、くるみなどです。また大豆や豚肉、魚介類なども積極的に摂っていくと白髪を予防して治るように改善していく事ができると言われています。

 

特に、黒ゴマやナッツ類は白髪を黒くするためのメラニン色素の原料になると言われている食材のため特に積極的に摂取して白髪対策をとっていきましょう。

 

白髪が目立ち始めてきたら、まずは食生活や生活習慣を見直して白髪を増やさないように心掛けていく事が重要です。少し意識して生活するだけでも効果を実感できるので、まずは意識する事からはじめましょう。白髪対策ととみに相乗効果で肌や爪の美容にも効果を発揮してくれますよ。

 

 

>>「白髪をなくすサプリはコレがおすすめ!」トップに戻る