女性の白髪染め、年代別の最適な頻度とは!?

白髪染めは白髪を隠すもっとも簡単でお手軽な対策方法ですが、染めて一定期間経過して白髪が目立ち始めてくると毎日憂鬱でたまらないという女性多いですよね。

 

毎日しっかりメイクをしてファッションを決め手も髪の毛が決まらないと、一日ブルーな気分になってしまうのは女性なら当たり前の事です。

 

大切なのは、白髪が目立ち始める前にしっかり美容院で染めてもらう事です。そのためにも、どれくらいの頻度で白髪染めは行えばいいのでしょうか。

 

 

30代と40代の白髪染めの頻度

 

白髪染め頻度01

 

白髪が気になりだすの年代として多いのがやはり30代頃からです。特に30代前半から30代後半にかけて女性はホルモンバランスも変化してくるため、その影響もあり白髪が出る事が多くなっています。

 

しかし、この先の事を考えると、あまり頻繁に白髪染めをしてしまうと髪の毛の傷みが気になるところです。髪の毛が傷んでしまう事を考えると、2か月に1回くらいの頻度がおすすめとなっています。

 

特に30代は、まだ食生活や生活習慣の見直しを意識する事で改善が見込める年代です。白髪を増やさないように意識した生活にチェンジするなどの工夫も大切です。

 

では、40代になるとどうでしょうか?40代は特に白髪が一気に増えだす時期です。それでも2か月に1回にとどめておくことがベストです。しかし、白髪はどうしても根元から気になってくるものなので、全体的に染めるのではなく上手にリタッチを活用する事が大切です。

 

 

50代からの白髪染め頻度は?

 

白髪染め頻度02

 

いよいよ50代になると、白髪もそうですが薄毛など髪の毛のトラブルを抱えている人も多くなります。そう考えても髪の毛に負担がかかる事は極力さけておきたいものですが、やはり白髪が目立ってしまうと気になってしまうものです。

 

40代頃からリタッチを上手に使う事が大切ですが、50代になっても全体的に染めるのは2〜3か月を意識して、それ以外はリタッチを上手に活用するようにしましょう。

 

リタッチの頻度は、やはり50代に入ると短くなり3週間から1か月となります。自分の髪の毛の長さや髪質、白髪の量によって変わってきますが、上手に見極めて部分染めと全体染めを使い分ける事が大切です。

 

また、頻度が多くなってくるので白髪染めをするときなどに、髪の毛の傷みを軽減してつややコシを与えてくれるトリートメントを一緒に入れてもらうなどの工夫もおすすめです。

 

特に、50代を超えてくると、ストレスや食生活が原因で白髪になっているというわけではなく、どちらかというと加齢が原因となっている事がほとんどです。そう考えても、生活習慣や食生活は健康の為にも意識しつつも白髪とは上手に付き合っていく事が大切です。

 

 

女性の白髪染めの頻度まとめ

 

白髪染め頻度03

 

以上、20代から50代までの女性の年代別の最適な白髪染めの頻度について書きましたが、白髪が増えると、女性は一気に年をとったなと感じテンションも一気に下り坂になってしまうものです。

 

髪の毛はいくつになっても女性にとって大切な美の要素のひとつ。そう考えても、日頃から意識して白髪のケアをする事はもちろん、髪の毛や肌、爪など細かいところまで行き届くような生活習慣を意識して過ごす事が大切ですね。

 

 

>>「白髪をなくすサプリはコレがおすすめ!」トップに戻る